食生活アドバイザー 資格の費用

食生活アドバイザーの仕事

外食産業の発展、食の多様化等で私達を取り巻く食環境は大きく変わってきました。簡単で便利な食事が手に入るようになりましたが、健康を脅かされることも増えてきました。

 

食の安全性

巷では食の安全性について取り上げられ、食の興味が深くなっています。食ブーム、健康ブームから栄養について興味を持つ人は増えています。

 

食事の大切さ、健康について今一度きちんと見直していく必要がある時代に来ていると言えます。

 

食生活アドバイザーとは

 

2015年の「食育基本法」の施行によって「食育」という言葉をよく耳にされると思います。「食育」とは生きるうえでの基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置づけられました。

 

食生活アドバイザーは「食品アドバイザー」とも言われ、食に関して幅広い知識を習得し、健康な食生活が送れるような「食全般」についてのアドバイスができる資格を有する人のことです。食事は毎日のこと。仕事だけでなく実生活でも役に立つこと間違いなしの資格と言えます。

 

仕事内容・需要はどう?

食や健康、運動に関係する職場で活躍できます。
食生活アドバイザーとしての就職というより、食や健康、運動に密接に関わる職場で食生活アドバイザーの資格を持っていると就職の際にとても有利になります。

 

スーパー

 

飲食店

 

老人保健施設

 

病院

 

保育所

 

スポーツジム

 

「食」や「健康」に関する職業であれば活用できること間違いなしです。

 

インストラクター 食生活アドバイザー

例えばスポーツジムのインストラクターの仕事でも、食生活アドバイザーの資格を有しているとそれが強みになります。

 

運動についての指導のみならず、食についての知識を運動と栄養についての関係性や、筋肉にどのような栄養素が必要かということも併せて説明できる為理論立てて指導ができるというもの

 

保育士であれば、栄養士と共に給食時間に食の大切さをかみ砕いて説明できるとすると、好き嫌いのない子供達を教育する手助けになります。乳幼児等、食の入り口での食教育は将来慢性疾患(糖尿病や心臓病や腎臓病など)を予防することができるようになります。

自分でお店を開こうという時などは

 

提供するメニューの説明をお客さんにするのも、単に食材の説明のみならず、どのような効能があるかということなどの紹介もできると料理に付加価値をつけることができます。

 

就職の際、食生活アドバイザーは様々な分野で付加価値をつけることができる為、企業にとっても相乗効果を期待できる人材で、評価が高い資格であり活躍の場は沢山あると言えます

 

食生活アドバイザーの資格を取るには?

受験資格

 

受験資格の制限はありませんので誰でも受けることができます。「食」に興味のある方ならどなたでも受験資格があります。独学でも合格した人は沢山います。

 

受験申込み

 

願書請求期間は、試験日の2か月前くらいに設定していますので、その期間内に食生活アドバイザー検定事務局に電話等で願書を請求します。

 

願書請求期間は食生活アドバイザー検定事務局である一般社団法人FLAネットワーク協会で確認することができます。毎年7月と11月に試験が行われます。2級と3級があります。どちらか一つでも受けられますし、両方受けることもできます。

 

必要書類

 

受験専用の振込用紙と受験票が送られてきます。振込用紙に必要事項を記載し、郵便局やゆうちょ銀行に振り込みます。受験票を持って当日受験します。

 

試験内容

 

大きく以下のような項目になります。
・栄養と健康
・食文化と食習慣
・食品学
・衛生管理
・食品区分や食品表示
・関連法規

 

2級は選択問題(マークシート)及び筆記試験

 

3級は選択問題(マークシート)のみ

 

全体の流れを確認し計画的に学習することが大切です

 

食生活アドバイザーの資格を取得するための手法

 

食生活アドバイザー始め食育関連の資格はとても沢山あります。手法も様々あります。

通信講座

 

通信講座

食生活アドバイザー検定事務局の一般社団法人FLAネットワーク協会公認の通信教育始め、様々な企業の通信教育や講座があり、標準期間や費用も様々です。

通学

 

通学

食生活アドバイザーの資格を取得するための学校というのはありませんが、学校で食生活アドバイザーの資格取得の為の講義を行っているところもあります。

 

栄養士養成校のみならず保育課程や介護福祉士養成校、各種専門学校でも食生活アドバイザー資格取得のカリキュラムが組んであるところもあり、卒業までに取得できるような支援を行っているところもあります。

独学

 

自身でテキストを準備して学習する方法で費用を安く抑えられるメリットがあります。

 

比較検討を最初にするときには

 

食生活アドバイザー 資格

食生活アドバイザーの資格を取得する為には様々な専門用語や関係法規を覚える必要があります。問題集や過去問を何度も解くことが大切です。自分自身に合ったテキストや問題集、通信講座を使用しなくては合格につながりにくくなります。

 

最初に「ブラッシュアップ学び」で様々な講座を比較し、自分に合ったものを選んでから無料なので資料請求されると良いと思います!

 

まずは無料の資料請求で情報収集

食生活アドバイザー 通信比較

 

食生活アドバイザー資格の費用・料金を最安値で

受験料

 

食生活アドバイザーは2級と3級とありますが、級によって金額は異なります。同時に2級も3級も受験することもできますが金額は両級の合計金額になります。
※1級はありません。

 

2級・・・・7300円(税込み)
3級・・・・4700円(税込み)
併願受験・・・・12000円(税込み)

 

テキスト及び代金

 

食生活アドバイザー 代金

通信講座を受講する場合受講料にテキストや過去問題集等の代金が含まれていることもありまですが、独学で受験される方は自分自身でテキストや問題集を準備することになります。

 

また専門学校など各種学校で資格取得の支援のための講義を行うところでも各自テキストは購入することが多いようです。食生活アドバイザー検定事務局の一般社団法人FLAネットワーク協会が発刊している「食生活アドバイザー基礎公式テキスト」を始め、様々な出版社からテキストや過去問題集は発行されていますが、1冊およそ1600円から2500円といったところで手に入ります。

 

通信講座費用

食生活アドバイザー 費用

様々な企業が通信講座を行っていて費用も様々です。また食生活アドバイザー検定事務局の一般社団法人FLAネットワーク協会主催の合格講座や協会公認の通信講座もありますし、協会公認ではない独自のものもあります。

 

入学金は0円というところが大半で、受講料は17000円程度のところから25000円程度の金額になっています。級によっても金額設定は異なっています。団体受講をする場合は受講料割引のところもあります。

 

食育関係の資格は沢山ありますが、食生活アドバイザーの通信講座費用は他のものと比較すると割とリーズナブルになっているので挑戦しやすい資格だと思います。

費用・料金の比較

食生活アドバイザー 比較

受験料を除いては食生活アドバイザーの通信講座は企業によって標準期間も通信講座費用も教材、指導料や添削料金も様々であり、それによって費用や料金も異なります。

 

一般社団法人FLAネットワーク協会の公式テキストだけは欲しいという場合、協会公認講座を受講していなくてもそれだけを取り寄せることも勿論可能です。

 

一つずつ調べて資料請求をするのは手間がかかりますが、「ブラッシュアップ学び」は「通信講座」で検索すると食生活アドバイザーの資格を取得できる通信講座の一覧が分かります。そこで費用・料金の比較検討もできます。

 

各企業の資料の一括請求などを行ってから、どの通信講座が最安値か、期間が短くて資格が取得できるかという目安が分かるので参考にしてみると良いでしょう。

 

>>>食生活アドバイザーの講座の資料請求はこちら